カードローンの一括返済WEB

カードローンを一括返済しよう

借金の一括返済に関する情報

ローン返済

日常の買い物などで、クレジットカードを使っている人も多くいるのではないでしょうか。現在では身近になったカードですが、ローンの返済は少しずつ毎月返すよりも一括返済の方が得になります。毎月ローンのお金を支払っているとかなりの金額の利息を支払う必要がでてくるので、早めの一括返済で払う利息を少なくすることができます。

カードで精算する時に分割返済か一括返済かを選ぶことになりますが、途中からでも変更することが可能です。支払いを分割返済にしても、少しでもお金に余裕があるようであれば早急に一括返済をした方がお得です。

カードローンの金利というのは、各カードローン会社によって差があります。お使いのカードローンより低金利のカードローンがあれば、いったんそちらで借りて一括返済するという手段もあります。
金利の低いカードローンの場合、他のローン会社よりも審査基準が高いようです。

しかしながら低金利のカードローンが使えるなら、一括返済がしやすくなります。カードでの支払いが日常的になった今では、カードローンを気軽に利用する方が増えてきました。カードローンにつきものの利息は、余分なお金を毎月払っているということを認識するようにしましょう。

節約するためにも、カードローンは一括返済を視野に入れることをアドバイスします。但し場合によっては一括返済出来ない場合や、逆に返済額が高額になることもあるので先だって検討しておきましょう。

一括返済できないならおまとめを

上記のように返済はできるだけ一括の方が良いのですが、そうは言っても難しいですよね。でもあきらめてはいけません。高い金利のまま払い続けたり、何社からも借り入れをして無駄に利息を払うよりは、複数の借り入れをおまとめローンに借り換えて、一本化しましょう。その方が金利も安くなり支払日も月に一度だけになるので煩わしい管理も必要なくなります。

おまとめローンにも色々な種類がありますが、金額によってはおまとめ専門のローンで無くとも通常のカードローン会社で受け付けてくれるのも多くなっています。とくに100万円以下の借り入れでは、収入証明もいらない会社もありますので、借り入れが100万円以下ならぜひ検討してください。

またどうしても返済が苦しくて急いで借りるならこちらでどうぞ。

クレジットカードの支払日を利用したやりくり

ローン返済を行っているとどうしても支払いが苦しい月もあります。そんな時に多いのがさらに借金をしてしまう事。

しかし、新しくローンを組めば目の前のやりくりは楽になりますが、最終的には返済額が増えて、さらに苦しくなることを忘れてはいけません。そこでおすすめなのはクレジットカードでそういった際のやりくりをすることです。クレジットカードには締日と支払日があります。多くのクレジットカードでは締日から支払日までに2週間から一か月程度の期間があります。この期間の間に給料日があれば、実質的な先延ばし期間に出来るのです。

例えば、カードローンの返済日が15日だとして、給与日が25日だとしましょう。15日の段階で5万円の返済をするとのこり10日間の生活費が5間円足りないという状況だとします。この時点でさらにローンを組むのではなく、その期間の買い物や光熱費の支払いなどもクレジットカードで支払います。この状況でに申し込むべきクレジットカードは締日が25日以降のカードです。

仮に30日が締日で、支払いが翌々月4日のカードを持っているとしましょう。すると15日~25日の支払いが5万円。これをカード払いにすると、その締日は30日で支払いは翌々月4日ですから、その間に2回給料日があるという事になります。したがってその間に5万円節約すればローンを増やすことなく返済もできるのです。

また、支払いをずっとクレジットカード払いにするという方法もあります。翌々月のカードの引落しに通常の生活費分の支払いがあるとすれば、その前の25日の給与を貯めておけば良いことになりますから、もう一回前の給与分は全額浮いた状態になります。仮に25万円の給与があれば、それが全額浮くのです。この浮いた分をローンの返済に全額充てるというのも非常に有効で、返済をしてローン残高が減ると、その後の返済額もへりますし、元金が減るので金利も減ります。

このような締日を利用したやりくりは、通帳残高を計算しながらカードを使うといった面倒はありますが、返済額を減らせることを考えれば、非常に有効な手段と言えるでしょう。

さらにクレジットカードがおすすめなのはポイント還元があって実質の割引が受けられる事。1%のポイント還元ならそれだけ割引されたのと同じです。生活の費用でカード払いに出来るものは意外に多く、年間数百万円にもなります。ということはカード払いににするだけで数万円が浮くのです。いかがですか?おすすめですよ。※クレジットカードは全て一括払いにして、金利を付けないようにすることが重要です。

http://www.tailor-fukuoka.com/

一括返済

最新記事